毎日の食器洗いを早く終わらせる方法

>

ガラス製品のグラスの種類

水道代比較の勝ちは食洗機

日本の和食に供する個別の食器はかなり多い量かもしれません。
家族の人数によっても、食器洗いの数が全然違います。
二人分くらいなら、手で洗ってもそれほど手間に感じなくても、乾燥機は仕上がりがキレイで衛生的なので考えどころです。
水道代はメーカーによれば手洗いより食器洗い乾燥機の方が節減タイプのようです。
肌が弱くて洗剤を使えない人や、ハンドクリームが離せない人には選択する余地もなく食器洗い乾燥機の需要は高くなります。
食器洗いが家事の中で好きな人もいて、お皿の触感を楽しみながら大事にされているのかもしれません。
食器の洗い方次第でコストに影響します。
洗う作業とすすぎをするタイミングや、そのための水や湯を流したままになる時間が長ければ水道代は高くなるでしょう。

実際に洗うのは

効率も悪くならないよう手で食器を洗う場合は、ガラス食器等や漆器等を先に洗いすすぎ水を止めて一旦別の場所に拭いて移すなどしなければ、傷がつくことがあります。
そして残りの食器をスポンジと洗剤で洗い、一括ですすぐなどで水道代を抑えられます。
食器洗いの際は食器の食べ残しやソースなどの汚れを取り、もし汚れたまま食器を重ねると食器の裏にまで汚れが付着して食器洗いに必要な時間と手間が倍になります。
決まった場所に収納を完了させると、食器の破損などの防止になります。
しっかり水分をふき取って、食器が乾いてから収納するのが好ましいです。
食器洗い乾燥機は、お茶碗から食器やまな板まで一度にセットして一定時間でキレイになります。
水道代をかなり抑えられますが、初期投資の他、電気代や専用洗剤代が必要です。


この記事をシェアする