毎日の食器洗いを早く終わらせる方法

>

集中力のある取り扱い

ヨゴレを確認する

食器洗いにも、時短効率が見込まれる用具や順序があります。
汚れの少な目の食器から先に洗います。
油汚れなど取れないような、汚れの少ない食器から。
食器も取り扱いを間違えたり、手を滑らせて落とすと割れるので気をつけます。
洗った後の食器も丁寧に重ねておくなどして効率的に、残りの食器も洗う段取りにつなげます。
油汚れの食器類は、湯でスポンジ等を使ってキッチン用中性洗剤でしっかり洗い、洗いあがりがヌルッとしないように確認しましょう。
皿などの食器であればゴムベラやスクレイパーで皿に残ったソースや油分を、効率的に先に取ってから洗うことが時短につながります。
用具は、様々なサイズの取り揃えもあり、お店で安価から手に入れ易いようです。
お気に入りグッズのゲットで食器洗いが楽しくなります。

スポンジを新しくするメリット

食器洗いのスポンジの種類を複数使うことも、効率的にキレイに洗うことができます。
スポンジなどの形態でも、早く作業が進み時短につながります。
柔らかいスポンジと、油汚れや食材を焼いた時の焦げつきなども落とせるスポンジを用途ごとに使い分ければ、時短可能です。
グラスやコップ用などは分けて、においや汚れが移らないように配慮するのも効率的です。
スポンジは定期的に交換し衛生的に使いましょう。
安価な物でもたくさん種類があり、自分に合ったものを選択しストックしておくと、スポンジを交換する時期を逃しません。
洗いあがりも違うので、新しいスポンジの方が楽にキレイに早く洗えます。
ブラシやタワシが用意できれば、IHやガス火などが直接あたる鍋底などもピカピカに磨けます。
鍋やフライパンのコーティングなどで、クレンザーなどを使用できるかどうかのチェックも大切です。


この記事をシェアする