毎日の食器洗いを早く終わらせる方法

毎日の食器洗いを早く終わらせる方法

集中力のある取り扱い

食器を洗って、扱う時は特別に気をつけることが大切です。 傷がつき易い、柔らかい材質、内側外側の強度が違ったり特別な仕様が施してある等、説明書きを熟読することで品質を確かめれば取り扱いに慎重になれます。 料理を彩る食器類はご縁があって購入したり頂いたりするものなので、大切にして長く愛用しましょう。

ガラス製品のグラスの種類

美しいガラス製品は芸術品のようで、雰囲気があり嗜好品にピッタリです。 ウイスキーグラスに冷茶グラス、ジュースやビール他用のタンブラー、水やクリームソーダ他用のゴブレット、ビール用のピルスナー、リキュール用やカクテル用やサワー用グラス、ワイングラス各種などが一般的にお店などでも使用されています。

グラスの取り扱い方

グラスはふせると湿気がこもり、上に向けた状態にします。 長い間使用しない場合はくもらないようボードなどに飾る方がいいです。 グラスは内側からかかる力に弱く、重ねないようにする必要があります。 クリスタルガラスや皿なども、重ねる時は傷がつかないよう薄い紙や布を挟み込んでからにします。

洗う時も拭く時も

料理やおもてなしに適した食器類などのことは、その折々のイベントに基づいて取り扱われます。
普段に家庭で使う食器や来客用、飲食店舗などでサービスされる料理や飲み物に使われる食器類など、用途によって値段や価値も様々です。
食器に料理を盛り付けたり、食事をする時に使ったり、後片付けして洗ったり、乾燥させて収納したり。
壊れてしまうものでもあるため、食器の価値が下がらないように丁寧に取り扱うことも必要です。
その素材などによる取り扱い方法なども、きちんと知識を得ていないといけません。
洗う時の効率的な方法は、皿などの汚れを拭き取ることから始めます。
食器類などに残った汚れなどを取り除き、時短のためにも拭き取ることが重要です。
ゴムベラやスクレイパーやペーパータオルなどを使って、油分等べったりついたソースなどを取り除くことは必須です。
食器洗いの効率が良くなります。
食器類などを水につけ洗いすることも、汚れが落ち易く、早く洗う方法の一つです。
汚れを用具などで拭き取った後に、皿や食器類などを水につけておく方法です。
食器類に付着した飯粒や卵の料理やカレーなどの汚れは、乾燥すると洗ってもすぐに汚れを落とせず、時間や手間がかかります。
食事後に汚れを拭いて取って水につけるなどの対策を早目にとる方が無難です。
洗う順番は、ガラス食器や漆器などデリケートな材質の食器を先に洗います。
ちょっとした衝撃にも弱くて割れ易いものや、傷つき易く元に戻せない高価な物から洗い始めると安心で効率的です。
集中して洗うことでミスして食器類を壊してしまうことを防げます。